生前対策と生前贈与のすすめ

1.生前の相続対策
staff_shimizu  

相続税対策とは、納税額を軽減する節税対策を思い浮かべる方が多いようです。

しかし、

①    節税対策

②    もめない(争族)対策

③    財源(納税)対策

この 3つの柱で包括的に対策を考えていく必要があります。

中でも代表的な対策が「贈与」です。

その中でも生前に贈与することを「生前贈与」といい

「生前贈与」とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。

これによって、相続税を節税することが出来る場合があります。

 

ですから、「相続のことを考えるにはまだ早い・・・」と思わずに

早めの対策が大事になってきます! 

お気軽に相続の専門家である 福井まごころ相続センターにご相談ください!

 

2.生前贈与

生前贈与とは被相続人が死亡する前に相続人等に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いです。

しかしながら、生前贈与の場合は相続税の代わりに税率が高い贈与税がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。

ですから、相続に強い税理士に相談することが大切です。

3.生前贈与の注意点

生前贈与の際の注意点として、次の4点を確認する必要があります。

1. 贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておくこと 

2. 遺産分割のトラブルとならないように注意すること 

3. 贈与契約書を作成し公証役場で確定日付を取る等、贈与の事実を記録として残しておくこと 

4. 相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることを確認すること

以上の4点です。

4.生前贈与の取り組み方法

贈与税は暦年課税で、1年間に基礎控除額が110万円です。 

つまり、年間で110万円以下の贈与については課税されず、
申告も不要ですので、一番シンプルな生前贈与の方法だといえます。

生前贈与を活用した節税対策には、110万円の基礎控除を最大限利用することの他に、
配偶者控除を利用する方法があります。 

条件は、婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であることと、
居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与であることです。


2000万円まで課税価格から控除できます。

生前贈与をするには、まずご自身の資産状況の把握が必要となります。
その上で、贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認し、
無駄な税金がかからないような贈与方法を検討する必要があります。
また、将来、税金面や贈与の事実について問題や争いが起こることのないよう、
贈与契約書の作成や確定日付の取得を行っておく事が重要と言えます。

 

相続に関する事前相談(初回)は無料です。安心してご相談下さい。

無料相談 ⇒ お見積り提出 ⇒ ご契約 ⇒ 各種手続開始(ご契約まで一切費用はかかりません)

 


無料相談を実施しています お気軽にお電話下さい 0120-114-573 受付時間:平日9:00〜18:00 つながらないときは0776-26-4670へ
  • 無料相談の詳細はこちら
  • メールでのご相談はこちら
PAGE TOP